忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/13 23:39 |
Fナンバーとは
Fナンバーとは

Fナンバーとは、レンズの焦点距離をレンズの径で割った値のことを言い、レンズの明るさを示します。
Fナンバーは「F値」「Fストップ」などとも呼ばれます。

Fナンバー = f/D

f = 焦点距離
D = レンズの径

Fナンバーが小さいほど写真全体が明るくなり、大きいほど写真全体が暗くなります。

Fナンバーはカメラに取り付けたレンズによって調整できます。
Fナンバーを大きくすることで焦点距離が長くなり、焦点距離が長くなるということは同じ量の光を広い範囲に集めることになるため、写真全体が暗くなります。

逆にFナンバーを小さくすることで焦点距離が短くなるため、同じ量の光を小さな範囲に集めることになるため、写真全体が明るくなります。

しかし、焦点距離が長い、つまりFナンバーが大きいほど焦点深度は深くなるためピントが合う範囲が広くなり全体がくっきりした写真が出来上がります。
PR



2009/03/28 23:56 | カメラのしくみ

<<デジタルカメラCASIO製 | カメラバッグ情報局HOME | レンズ付きフィルムとは>>
忍者ブログ[PR]