忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/09/26 10:42 |
解像度とは
解像度とは

解像度とは画素の密度を示す数値のことを指します。
つまり、画像のきめ細かさは解像度が大きいか小さいかによって違ってきます。

解像度という言葉はデジタルカメラが一般的になるとともによく使われるようになりました。

フィルムカメラの場合、カメラの大きさ(フィルムの大きさ)によって画面サイズが変わります。
現在では24×36mmの35mm判が主流となって使われていますが、APS(16.7×30.2mm)、6×4.5cm判、6×7cm判、大型カメラになると4×5インチ判、5×7インチ判、8×10インチ判なども存在しています。

35mm判のフィルムカメラを使用して写真を引き伸ばしたい場合は、印画紙をフィルムに密着させて党倍の大きなのプリントを作る密着焼きと呼ばれる手法で行われています。

しかし、密着焼きによって引き伸ばされた写真は解像度が低く、荒い写真が出来上がります。
きめ細やかな大サイズの写真を作るには大型カメラを使用することになります。

デジタルカメラの場合、一昔前まで大きなサイズの写真を撮るには苦手とされていましたが、デジタルカメラの解像度が中には1000万画素を超えるものまで発売されており、引き伸ばしてもきめ細やかな写真を作成することができるようになっています。
PR



2009/03/21 12:11 | カメラのしくみ

<<レンズ付きフィルムとは | カメラバッグ情報局HOME | フィルムカメラとデジタルカメラの違い>>
忍者ブログ[PR]